スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOS MAD ハンマーソングと痛みの塔



光看動畫可能還不覺得怎樣,不過配上歌詞的話整個就弄哭我了。(當然前提還是要看TOS啦)

有NIKO帳號的可以直接點網址

「ハンマーソングと痛みの塔(鐵鎚之歌與疼痛之塔)」(BUMP OF CHICKEN)


どんどん強く もっと強く(逐漸強、變的更強烈)
歌声響く痛みの塔(歌聲響徹的疼痛之塔)
その天辺にしがみついて 震えてるのはどちら様?(已經滲入天邊、正在那理發抖的是誰啊?)

捨てたくても捨てられなくて 小さな痛み 溜まってた(想丟去無法捨棄的 微小的疼痛 累積著)
そいつをずっとしまってきた 1個目の箱 満たされた(那些通通收著 一個箱子 已經放滿了)

別に今更辛くも無いけど 誰かが見てくれたらなあ(到了現在也沒什麼痛苦的 光只是被異樣的眼光看得話)
これだけあれば許されないかな(如果只是這樣的話能被原諒吧)
少し優しくされるくらい(只不過是對我稍微溫柔點嘛)

捨てたものも拾って詰めて 満タンの箱 積み上げた(想丟卻丟不掉的東西全裝著 塞滿的箱子 堆積起來)
通りすがりを横目に見て 10個目の箱 積み上げた(路過的人看了眼 那裡已經堆了十個箱子了)

そうか、これでもまだ足りないのか 誰にも見えてないようだ(即便如此、這樣還是不夠啊 希望誰也別看見啊)
それじゃどんどん高くしなくちゃ(既然如此如果不堆得更高更高的話)
世界中にも見えるくらい!(堆到可以讓全世界都看到!)

どんどん高く もっと高く(越來越高 變得更高)
鳥にも届く痛みの塔(連鳥都無法飛到的疼痛之塔)
その天辺によじ登って 王様気分の何様(登上了天邊 現在有成為國王的氣氛了怎樣!)


何事かと大口開けた 野次馬共を見下ろした(張開大嘴 鄙視底下的愚民們)
ここから見たらアリのようだ 100個目の箱 積み上げた(從這邊可以看見 共一百個箱子堆起來了)

お集まりの皆様方、これは私の痛みです(聚集起來的大家啊、這是我的疼痛喲)
あなた方の慰めなど(你們的安慰什麼的)
届かぬほどの高さに居ます!(完全傳達不到啦這種高度)

きっと私は特別なんだ 誰もが見上げるくらいに(我一定是特別的啦 因為誰都要抬頭看我)
孤独の神に選ばれたから(我是被孤獨的神選上的)
こんな景色の中に来た(所以來到這種景色之中)

どんどん高く もっと高く(越來越高 堆得更高)
雲にも届け痛みの塔(碰到雲端的疼痛之塔)
その天辺であぐらかいて 神様気分の王様(已經到達天邊 國王有成為神的氣氛)


聞こえるのは風の音だけ 1000個目の箱 積み上げた(只聽得見風聲 一千個箱子堆了起來)

下を見たら目眩がした(往下看時開始頭暈)
掛けたハシゴ、飛ばされた(掛著的梯子也踢飛了)

そして本当に寂しくなった(然後真的開始寂寞了)
誰にも見えてないようだ(誰也看不見)
声も出ないほど怖くなった(已經怕到連聲音都出不來了)

不意に聞こえたハンマーソング(無意中聽到了鐵鎚之歌)

下から順にダルマ落とし(從下方開始敲掉了箱子)
誰かが歌うハンマーソング(是誰在唱鐵鎚之歌)

「皆アンタと話したいんだ 同じ高さまで降りてきて!」(大家想跟你說話啦 快下來同樣的高度啊)

どんどん強く もっと強く(越來越強 更加強烈)
歌声響く痛みの塔(歌聲響徹了疼痛之塔)
その天辺にしがみついて 鼻を垂らしてる神様(滲入天邊的 流著鼻水的神)

神様気分の俺様 俺様気分も逆さま(彷彿成為神的本大爺 你這傢伙想違抗我嗎?)
有様 どちら様?(可惡!你以為你是誰啊?)

テイルズオブシンフォニア OPホ・ン・ト・ウ・ソ





歌詞有傑洛斯視點的味道


Me - ホントウソ

作詞: Me/misono
作曲: Me/misono
編曲: 西川進


“君が君のままでいられる場所”が僕(ココ)であり続けますように(我希望這個地方能讓你就這樣做你自己不要改變)

「ウソ」でも「キライ」でも 君の気持ちなら、僕は味方だから(即便「說謊」即便「討厭」是你最真實的感情,我也會站在你這一邊)

答え(そ)の言葉がどちらであってもいい(不管你的回答是哪一種都無所謂)

「優しさ」という名の言動(ウソ)も 「聞きたくはなかった」気持ち(ホント)も(名為「溫柔」的言動(謊言)也好「我不想知道」的心情(真實)也好)

どっちにしても互いを傷付け、守ってくれるモノ(不管選擇哪一種都會彼此傷害但仍舊想保護的東西)

キライ同士になるキッカケだって、(成為彼此討厭的關係的契機一定存在)

きっとあったけど 「どーでもいい」人になるなら(但總比起成為對你來說「怎麼樣都好啦」的傢伙)

“今(こ)のまま”でいた方が 一秒でも長く一緒にいられるから(維持現在這樣,即便多一秒的時間在一起也好)

「それじゃ疲れちゃうでしょ?偽ってまで、してほしくはない」と言うけど…(「但這樣很累吧?沒必要做到這種份上吧?」但即便這麼說……)

二人にとって“ふたり”が「大切」であり続けますように(對兩人來說「兩人」是「最重要」的這件事希望能持續下去)

ムリしてでも君の「必要」になるなら、僕が“悪役(モノ)”にもなる(即使在勉強自己,你對我來說是「必要」的存在,為此即使成為壞人也在所不惜)

ウソをもっと、うまくつけてたら…自分の心(コト)まで誤魔化(だま)せるくらい(謊言能夠再說的更高明就好了,要做到連自己的心都能騙過的程度)

“ウソツキ”にさせてしまった僕が 嘘(それ)を真実(ホント)にしてあげる(讓你變成「騙子」的我,會將你的謊言變成真實獻給你)

太陽(ヒカリ)は眩しすぎるし、少し欠けた月明かりくらいがいいなぁ…(太陽實在太過閃耀,稍微缺了口的月亮比較好吶)

影を生んで、ついてくるし“闇の中でなければ分からない”モノ(月能生影、緊緊相隨、若在暗之中)

影なら重ね、合わせて“二人が一つに”なるコトも出来るから(影能重合,我倆便能在一起了吧)

「こっち向いて?すぐ後ろ(そこ)にいるよ! こっちおいで?僕の影に入りなよ!」(「面向那邊?就在你後面啦!來這裡吧?不要站到我的影子裡!」)

「いつからこうなってしまった?こんなの本当の自分じゃない」と思うけど…(「到底是何時開始變得如此?這不是真正的自己」雖然這樣想啦……)

二人が選ぶ「一番」であって! 僕に恋し続けてくれますように(這是對我們「最好」的選擇!希望你能繼續喜歡我)

「勝手に思ってる」コトさえ 君を困らせる?僕のワガママにもなる(連「擅自妄想」的事情都會讓你困擾?這不過是我的任性而已)

放(そ)れ離(ぞ)れの道で“片想いのカケラ”持ってるだけなら、いいもんね?(在很遠很遠的道路上,手持單戀的碎片,這樣總可以吧?)

「スキ」だけでは足りないけど…それだけで頑張れてしまうのも本音(光只有「喜歡」是不夠的……也想認真從這裡開始努力)

「約束」紙きれ一枚やぶられても守り続けてる(即使「約定」如同薄紙般被撕破也要繼續守護)

“指きりした二人”がいるだけで 心強いお守りにもなる(光只是「勾過小指」的事也能成為護身符)

自由でいて?幸せであって!二人、傍にいなかったとしても(願你自由?願你幸福,即便不在你身邊)

好きにして?信じられるから!(隨你高興去做吧?我會相信你)

“君のタイミングで僕を、思い出してくれる”くらいでいい(只要你在有空的時候,能偶爾想起我就好了)







現在想想,TOS的歌詞都好痛啊……雖然故事也蠻痛的(各方面)如果不是因為洛伊與他愉快的伙伴們日常方面太歡樂的話,這部的設定(加上拉塔特斯克的騎士),他整個世界觀都非常鬱啊!!!


2012Spark

逆裁電影版的主題曲,配上成步堂君的熱血法庭非常合適。






修羅場を演じる時代が気の ど真ん中に立ってるみたいだ(由修羅場演繹的時代我想試著站在正中央)
襲ってくる刀を避けて 「2012」の街に生きる(閃避了襲擊來的刀光在名為「2012」的街道上生存)

愛しさ募れば 弱気にもなって(一但開始收集愛的話便會變得軟弱)
その弱気突かれりゃ 愛しい人も守れない(若被軟弱纏上的話無法守護重要的人)

闇夜の空に火花散ったなら(夜空中煙花四散)
一歩たりと退けはしない戦いの合図だ(一步也不退縮便是戰鬥的暗號)
あぁ優しくなり丈あれば強く荒れ(啊啊一旦想變得溫柔只能逞強)
咲き乱れ花となる 俺たちのLITTLE SPARK(將成為燦爛盛開的花朵 這是我們的LITTLE SPARK)

LEDが光信号機 危険察して点滅している(LED發光的信號器因察覺危險而閃爍)
それでも俺たちの場所は 「2012」の町にしかない(即使這樣我們的場所也只有名為「2012」的小鎮了)

気楽なアプリが 画面を埋め尽くして(簡單的應用程式佔據整個畫面)
視界まで遮る 愛しい人の姿さえ(遮住了視線也遮住了那重要人的身影)

あなたに見せる顔が笑ってりゃ(讓你看見的表情一定得笑著)
涙など人知れず背中で流せばいい(要哭泣的話肯定得在不為人知時背過身)
あぁそんな男になれやしないかなぁ(啊就是想成為那種男人吶)
古臭い時代からはなたれるLITTLE SPARK(從就時代就一直崩塌下的LITTLE SPARK)

熱い鍔迫り合い 肚に決めてる決意 (我が Sparking Men)(灼熱的刀鍔迫近 從內心湧起的決意)
狙う振り向き様 勝負はいつも水心(瞄準後揮動 一向在湖心分勝負)

闇夜の空に火花散ったなら(夜空中煙花四散)
一歩たりと退けはしない戦いの合図だ(一步也不退縮便是戰鬥的暗號)
あぁ優しくなり丈あれば強く荒れ(啊啊一旦想變得溫柔只能逞強)
咲き乱れ花となり散りゆけば(希望成為燦爛之時凋零的花朵)

それがこの時代だとか言われたら なんとなく頷いてしまいそうにもなる(如果說這就是這種時代的話 總覺得能夠對此頷首稱是)
では誰のための時代か? 問うたなら(若問這到底是為了誰而存在的時代)
そんなもん 俺たちのためなんだと(那種東西肯定是為了我們啊)
得意げな顔をして言い切ろう(我會得意地抬起臉這麼說)
立ち回り入り乱れ食らいつくLITTLE SPARK(跳下去亂鬥一場直到吃盡所有一切吧LITTLE SPARK)

トイレの神様/植村花菜




紅白時聽到這首,結果眼淚真的流個不停。祖孫兩人的對話是關西腔。




トイレの神様


作詞:植村花菜・山田ひろし 作曲:植村花菜 編曲:寺岡呼人

小3の頃からなぜだか(不知為何國小三年級時)
おばあちゃんと暮らしてた(我跟奶奶住在一起)
実家の隣だったけど(明明真正的家就在旁邊)
おばあちゃんと暮らしてた(為什麼我跟奶奶住在一起)

毎日お手伝いをして(每天幫忙做家事)
五目並べもした(也一起玩五子棋)
でもトイレ掃除だけ苦手な私に(但唯有掃廁所這件事不擅長)
おばあちゃんがこう言った(奶奶這麼對我說了)

トイレには それはそれはキレイな(廁所裡啊 住了一位非常漂亮的)
女神様がいるんやで(女神在那裡)
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに(所以每天把廁所掃乾淨 就會像女神一樣)
べっぴんさんになれるんやで(變的非常美麗)
 
 
その日から私はトイレを(從那天開始)
ピカピカにし始めた(把廁所刷的亮晶晶)
べっぴんさんに絶対なりたくて(為了能成為美人)
毎日磨いてた(每天辛勤刷洗)

買い物に出かけた時には 二人で鴨なんば食べた(有出去買東西時 兩人一起吃了南蠻鴨料理)
新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを(也有因為沒錄到想看的連續劇)
泣いて責めたりもした(邊哭著怪奶奶的時候)

トイレには それはそれはキレイな(廁所裡啊 住了一位非常漂亮的)
女神様がいるんやで(女神在那裡)
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに(所以每天把廁所掃乾淨 就會像女神一樣)
べっぴんさんになれるんやで(變的非常美麗)
 
 
少し大人になった私は おばあちゃんとぶつかった(稍微長大後的我 跟奶奶發生了爭執)
家族ともうまくやれなくて 居場所がなくなった(跟家裡的人也處的不好 感覺沒有了棲身之所)

休みの日も家に帰らず 彼氏と遊んだりした(假日也不回家 盡是跟男友到處遊玩)
五目並べも鴨なんばも 二人の間から消えてった(五子棋跟南蠻鴨料理 也從兩人間消失無蹤)

どうしてだろう 人は人を傷付け(到底是為什麼 人總是會傷害另一個人?)
大切なものをなくしてく(失去了重要的東西)
いつも味方をしてくれてた おばあちゃん残して(我丟下了一直站在我這邊的奶奶)
ひとりきり 家離れた(獨自一人 離家出走了)
 
 
上京して2年が過ぎて(來到東京過了兩年)
おばあちゃんが入院した(奶奶住院了)
痩せて 細くなってしまった(她變瘦、變的衰弱)
おばあちゃんに会いに行った(我去了醫院探望她)

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと(「奶奶、我回來了!」我故意這麼說)
昔みたいに言ってみたけど ちょっと話しただけだったのに(就像以前我常這麼做一樣 稍微說了一會兒話)
「もう帰りー。」って 病室を出された(「快回去吧妳」她把我趕出了病房)
 
 
次の日の朝  おばあちゃんは(第二天早上 奶奶她)
静かに眠りについた(靜靜的睡著了)

まるで まるで 私が来るのを(宛若 宛若 )
待っていてくれたように(就是為了等待我的歸來般)

ちゃんと育ててくれたのに 恩返しもしてないのに(明明是您把我養育成人 我卻無法好好報答)
いい孫じゃなかったのに(我明明不是個好孫子)
こんな私を待っててくれたんやね(卻還是一直等待這樣的我回來)
 
 
トイレには それはそれはキレイな(廁所裡啊 住了一位非常漂亮的)
女神様がいるんやで(女神在那裡)
おばあちゃんがくれた言葉は 今日の私を(按照奶奶告訴我的話 今天的我)
べっぴんさんにしてくれてるかな(是不是變成美人了啊?)

トイレには それはそれはキレイな(廁所裡啊 住了一位非常漂亮的)
女神様がいるんやで(女神在那裡)
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに(所以每天把廁所掃乾淨 就會像女神一樣)
べっぴんさんになれるんやで(變的非常美麗)
 
 
気立ての良いお嫁さんになるのが(我可以成為一個有氣質的好新娘了嗎?)
夢だった私は(彷彿還在夢中的我)
今日もせっせとトイレを ピーカピカにする(今天也勤勉地把廁所刷的亮晶晶)

おばあちゃん(奶奶啊)
おばあちゃん ありがとう(奶奶啊 謝謝您)
おばあちゃん(奶奶啊)
ホンマに(真的真的非常……)
ありがとう(謝謝您)

「UNLIMITED ∞」



我承認我因為重聽死亡枷鎖之後對這兩個人有點執念(你把安元丟哪裡去了!),啊算了反正遊佐最後也去追遠近了所以……咳、以下歌詞。

沒有人覺得兵部跟皆本這種東西根本就叫做情歌對唱嗎!!!




兵部:能瞭解我胸中所有痛楚的,只有跟我背負相同孤獨的人

皆本:在悲傷之中沒有明天,請不要在我耳邊絕望的細語

兵部:最大級的我愛你、最上級的熱情、未來也會毫無界線的衝破吧!
夢跟現實的的出口只有一個,如果你迷路的話、就讓我來引導你吧!我不會讓任何人來妨礙的!

皆本:不想將你純粹的眼瞳染上髒污,有時候真相看來令人痛苦。

兵部:漂亮話誰都會說,當你受傷越深,重新站起來的力量就越強!

皆本:最大級的想守護你、最上級的愛情、只要有你在我身邊已經足夠!
那天彼此交換的約定,我一直都沒有忘記,惡夢就由這雙手來終結!我不會把你交給任何人!


皆本:受傷的羽翼、在被囚禁的場所,只在我的雙臂中、緊緊給你擁抱。

兵部:最大級的我愛你、最上級的熱情、未來也會毫無界線的衝破吧!
夢跟現實的的出口只有一個,如果你迷路的話、就讓我來引導你吧!我不會讓任何人來妨礙的!

皆本:最大級的想守護你、最上級的愛情、只要有你在我身邊已經足夠!
那天彼此交換的約定,我一直都沒有忘記,惡夢就由這雙手來終結!我不會把你交給任何人!






呼呼呼、真好啊這兩個……(樂)其實要說的話,絕對可憐的ED3已經很受用了XD

プロフィール

紫曜日みな

Author:紫曜日みな
mail:f8950023☆gmail.com
↑有業務需要請用此信箱聯絡

管理人:紫曜日みな&瀧川しのぶ

最近の記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

PLURK
Twitter
カテゴリー
計數器
電撃文庫もくろっく
3D球体タグクラウド

WP-Cumulus @ fc2 by coccus requires Flash Player 9 or better.

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。